株で1670万損して借金。それでも生きている

株で大損して破産しました。借金返済と節約の記録

株で大損

株にはまって破産した理由

2017/06/05

借金を背負う人

 

株で破産して借金したことは書いてきましたが、なぜ株にのめり込んでしまったかも振り返りました。そもそも中長期の株取引は資産運用だと思いますが、デイトレはマネーゲームだと私は思っています。

スポンサーリンク
 

デイトレとは1日の株取引の中で、売買をすべて決済することです。株は平日取引なので、仮に1日1万円利益を上げれば、1ヶ月が20日だった場合は20万の利益となります。これが1日3万なら月60万、1日5万なら月100万・・・という具合に働かなくても家で朝9時~午後3時までの株取引で勝って利益をあげれば、働く必要がありません。実際、株だけで生活している人もいるし、億トレーダーも存在します。しかも、税金は一律20%なので、所得税と違って儲けている人ほど税金が多くなることはありません。

そんな魅力に憑りつかれて株をデイトレで売買していたら、見事破産しました。
  
  

なぜ株をやめなかったか?

損をしたら辞めればいいのかもしれませんが、損を取り返したいと強く思ってしまうのです。それに、私は確かに破産しましたが、株で利益を上げている時期もありました。

スポンサーリンク
 

それは、株を退場してから復活トレードをした2014年の12月のこと。

元手50万を2015年2月中旬頃には200万を越すことができました。つまり、3ヶ月で4倍強にしたのです。この時、借金を返済の目途も付いてきましたが、ここから1ヶ月で大損を繰り返した挙句、追証が払えないという事態になりました(こちら→非常事態!最終的に追証が払えないとどうなる?)。

利益が出ていると、「もうコツはつかんだ」みたいに考えるんですよね。確かに、自分のやりやすい流れみたいのがあって、それに乗るとほとんど損をすることがなかったのです。ただ、損をするときは取り返しのつかない損をしてしまう。いわゆるコツコツドカンみたいなことになったのです
  
   
  

11年間、株をして分かったこと

11年で1600万以上ものお金を株市場に捨てて分かりました。私はデイトレは向いてませんでした。おそらくデイトレはパチンコとか賭け事に強い人に向いているものだと思います。向いている人ならとことん株をやった方がいいのでしょう。

ただ私みたいに不向きなら、早めに中長期取引を勉強して気長に取り組むべきです。私は独身なのでまだいいですが(本当は全然よくないんですが)、結婚して家族がいるのに迷惑をかけるまでお金を溶かして借金までしたらダメだと思います。確かにそれでも支えてくれる愛があるならうらやましいことではありますが、家族を悲しませてはいけませんよ。もし、家族がいる人で株やFXにのめり込みそうなら、立ち止まる勇気も必要です。

スポンサーリンク
  

-株で大損