株で1670万損して借金。それでも生きている

株で大損して破産しました。借金返済と節約の記録

株で大損

有名株Twitterの信者になるという危険 ー騙される人が悪いか、騙す人が悪いかー

2018/04/07

昔、Twitterがなかったころ、株ブログで有名な人がいました。その人が推奨する銘柄は目標株価通りにバンバン上がって「〇〇さんのおかげ儲かりました」とか「〇〇さんすごい!」って称賛されていました。ところが、ある日推奨した銘柄が大暴落。

スポンサーリンク
 

  
  

「まだ、持っていて大丈夫ですか?」
  

「あなたは嘘つきだ!大損しています!」

  
  

などと、コメントが多く見受けれられました。それでも、ブログの主は「大丈夫、今はしのぎ時です」というような事を書いてそのままフェードアウトしていきました。

実はその時、私もその銘柄を買っていて大損をしました。

一体誰が悪いのか?
  
  
  

それは買ってしまった自分自身です。
  

スポンサーリンク
    

最近のTwitterなどを見るたびにこの事を思い出します。有名な人がある銘柄を推奨する。それを見た人が殺到して買い注文を入れてイナゴ化して、株価が急騰した所で売り抜ける。損した人は損したことと、騙されたことで阿鼻叫喚となる・・・。そして、他人のせいにしがちですが、これはまず自分自身の判断力の問題と認識しなければなりません。

確かに、有名Twitterに限って意図的に煽るし、彼らに何も問題がないかというとそうではありません。しかし、情報を吟味して考えずにただ言われた通りに買ってしまう自分自身が一番問題なんです。

散々、煽っていた本人が開き直って「他人のせいにするな。売買は自己責任です」みたいなこと言っていると、さすがに「おいおい、お前が言うなよ」とツッコみたくなりますけどね(笑)。

ネットを見ていると色んな人がいます。自己顕示欲の塊のごとく、「ほら、言った通りになったでしょ」とか、自分で考えた格言みたいなことを言い出す人もいるし(もちろん良いことを言ってることもありますよ)、自分が儲けていることを前提に何か発信すると、それに対して多くの人から称賛する声が多く上がります。

これら自体は悪いことではないのですが、一番問題なのが称賛している人達が信者化してイナゴになることです。有名Twitterが発信した銘柄を同じように買ったり売ったりして、「儲けました!ありがとうごいざいます」と見かけるのですが、この人は自分で考えて株取引をしていないんだなと思ってしまいます。そもそも、他人の真似をしているだけで、ずっと勝てるかと言うとそれは無理です。そんな人見たことも聞いたことありません。

昔のBNFみたいに、テレビや雑誌に出て、

「私はTwitterの〇〇さんの取引を全部真似して、とうとう億り人になりました!!」

・・・こんな人の登場は今後も見る事はないでしょう。

そして、決まってそういう人はいつか自分の期待と逆のことが起こり、目が覚めるか資産を無くすことでしょう。私がそうでした。   
  

まとめ

有名で稼いでいる人がTwitterでもっともらしいことを言っても、まず自分の頭で考えることが大事です。もちろん参考で見る必要はありますが、何も考えずにイナゴとなって実際に買いや空売りを入れてもそこには何も残らず、やがて破産する危険があります。

スポンサーリンク
  

-株で大損