株で1670万損して借金。それでも生きている

株で大損して破産しました。借金返済と節約の記録

借金生活

株で借金をする理由

2017/06/05

私はこれまでの人生でお金を使って遊んだことはほとんどありません。ゴルフ、パチンコ、競馬などはやりませんし、キャバクラ、風俗にもほとんど行ったことはありません。しかし、私は40歳目前にて借金が180万もあります。借金した理由は株です。

スポンサーリンク
 

今の所、独身で定職は就いているので、家族や親戚に迷惑をかけていません。しかし、今までの人生を振り返ってみると楽しんでは生きてきませんでした。暗い青春時代を過ごして、今も休日はほぼ一人で過ごしています。会社の人からは真面目な人と見られており、借金をしている人間とは思われていないでしょう。

もし、借金をしないで生きていたらどれくらい幸せだったのだろうとふと思うことがあります。もちろん、借金をしていなくても幸せではないかもしれませんし、独身のままかもしれません。でも、今のように生活を切り詰めることはないと思うので、ストレスは和らいでいるでしょう。精神的にも独身40歳で、消費者金融で借金しているなんて苦しかありません。しかし、このように人生窮地になればなるほど、人は1発逆転を狙うようになります。私は狙いすぎて無謀な株取引をし続け、10回取引すれば1回くらい大儲けできるはずだと思ってデイトレ中心に投資を続けました。確かに大儲けしたこともありますが、それをはるかに超える大損もしました。
  
  
  

なぜ、株で借金をするようになるのか?

今持っているお金で株を買えば、どんなに持ち株などが下がっても0円になることがあるかもしれませんが、投資した金額以上がなくなることはありません。しかし、証券会社からお金を借りて取引することもでき(信用取引と言います)、これをすると担保以上の損失をする場合もあります。例えば、現金で40万持っていてそれを担保とすると、株は現金に対して約3倍のお金を証券会社から借りることができ、株の売買ができます。40万の現金で株の売買をするよりもレバレッジを利かして120万で株を売買したほうが、利益が大きく出しやすくなるのです。しかし、損をする時も損失分が40万の時より約3倍分の損失が出ます。

ここで問題なり得ることが、予想を超えた株価の上昇下落が起きた時です。例えば先日、澤藤電機(証券コード6905)という会社の株が材料ニュースが出た日を境に1週間くらいで一気に株価を3倍上げました。株を買っていた人は大儲けできたのでしょうが、空売りをした人は大変な損失になったはずです(ちなみに、空売りの説明と空売りのリスク記事こちら)。仮に、「澤藤電機は暴騰しているけど、どうせ翌日に反動で株価が下がるだろう」と思って100万円分の空売りを入れていた人がいたら、たった1週間で200万くらいの損となっていました。信用取引は証券会社にお金を借りて取引しているのですから、その担保が足りなくなると追証となり、担保の補てんを証券会社の定める期日までにしなければなりません。払えないからと言って踏み倒しは絶対できません。私は1回担保以上の金額を損失してしまい、完全に破産しました。そして、証券会社に借りていたお金を支払うことができなくなりましたが、証券会社に分納返済をお願いして返済したことがあります。

スポンサーリンク
 
  
  
  

損を取り返したい欲求

市場で無くなったお金を取り戻したいと思うのは当然でしょう。株関連のツィッター、ブログなどを見ると、なぜか稼いでる人ばかりが多いですよね。私みたいにお金を垂れ流している人ってほとんどいないです。これだけ儲けている人がいるんだったら、失ったお金は取り戻せるような気もしますが、現実はそうもいきません。株取引する際、気持ちばかりが前に出てきてしまって正常な判断ができなくなる場面が多いです。私は1700万以上利益を上げないと失ったお金は取り戻すことはできず、果てしない闇の中にいる分、余計に早く抜け出したいと思ってしまうのです。これが株取引で誤った判断をしてしまう原因となることがしばしばあります。そのため、もう株を辞めた方がいいと考えたのですが、現段階では手法を修正すれば少しはいい方向になる余地があると思うので、もう少し株は続けるつもりです。もちろん、また失敗するかもしれません。

ただ1つだけルールを作りました。それは、消費者金融から追加借金をしてそれを株資金にすることだけは止めます。これだけは守らないと無限借金生活になってしまいますからね。50代になっても独身で消費者金融で借金して生活なんてしたくないです。
  
  
  

借金をして取り返しがつかなくなる前に

最近年を重ねて思うのが、老後が不安というのもありますが、大きな病気をした時に今の借金がある状態だとかなりマズい状況になると思っています。以前、風邪をひいた時もお金がないから我慢しようか悩んだ末に追加借金をして病院にいきました。風邪をひいた時に払うお金がないんです。もし、これがもっと大きい病気で手術費、入院費がかかるとなるととても払えません。そして、万が一私が死んだら、借金が家族に相続されてしまう場合もあります(放棄もできるでしょうが)。死んでまで家族には迷惑はかけたくないので、そのため、時間をかけても追加借金しないように借金を返済していくようにします。

もし、私くらいの中年以上、もしくは家族がいる人で消費者金融などで借金をしている方でしたら、なるべく早めに返済の目途はつけたほうがいいと思います。私みたいにならないために。

スポンサーリンク
  

-借金生活